2017年06月05日(月)

理化学研究所創立百周年記念イベント
科学工作教室「アイロンビーズで作る113番元素ニホニウム」を開催しました。

10年近い年月をかけ、理化学研究所RIビームファクトリーで生成された113番元素ニホニウム。
元素名「nihonium(ニホニウム)」元素記号「Nh」
元素周期表に日本人の手で新たな元素が加わったことは、歴史的にも非常に大きな出来事と言えます。

この113番元素の模型をアイロンビーズを使って作る、科学工作教室を開催しました。
立体的に作るので原子核が陽子・中性子で構成されている様もよく分かるようになっています。

ワークショップ参加者は、小学生以上の和光市をはじめとする地域の子どもたちです。

はじめに講師である、仁科研究チームのメンバーが113番元素ニホニウムについての説明を簡単に行い、
その後にお待ちかねの工作がスタート!みんな真剣なまなざしでニホニウムの制作に夢中です。

まずアイロンビーズでいくつかのパーツを作り、それをパズルのように組み立てることで立体となります。
研究者の方が試行錯誤を重ねて開発したこの工作キット。非常にレベルの高いものとなっています。

参加した子どもたちも完成した作品を見て「ニホニウムってこんな形をしているんだ~」と興味津々。
「とっても楽しかった~」「家でも作ってみたい」と、みんな素敵な笑顔。
この中から未来の科学者が誕生するのでしょうか!?

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.