2017年06月07日(水)

アウトリーチ事業「おんがくのたね♪」in 和光市立第五小学校

子どもたちに本物の音楽を身近にお届けする「おんがくのたね♪」
今回は、和光市立第五小学校での様子をお伝えします!

今回お迎えしたメンバーは、
恩田佳奈さん(ピアノ)・喜名雅さん(チューバ)・近藤千花子さん(クラリネット)の3名。
通常の組みあわせではあり得ない金管と木管が一緒に登場です。

プログラムは演奏だけでなく、
実験コーナーや子どもたちとの共演(歌えバンバン)など体験たっぷりのプログラム。

ハイドンの『ピアノトリオ・ジプシー』からスタートし、それぞれの楽器を紹介する曲の演奏へ。
クラリネットの楽器紹介での演奏『だんだん小さく』では、予想を裏切る小さくなっていく楽器に子どもたちはどよめきが。
チューバの仕組みを知るためのホース実験では目を輝かせて楽しんでいました!

また、ピアノによるドビュッシー『雨の庭』ではその情景に想像力を働かせ、五感をフル稼働。
その後はみんなで「歌えバンバン」をチューバ、クラリネット、ピアノの伴奏で元気よく高らかに歌いました。

様々な名曲の演奏に加え、アンコールに『ビリーブ』を演奏して幕を閉じました。

演奏終了後は児童といっしょに給食交流、演奏者の方に質問が飛び交う楽しい時間となりました。

まだまだ「おんがくのたね♪」は続きます!

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.