2017年06月21日(水)

アウトリーチ事業「おんがくのたね♪」in 和光市立本町小学校&広沢小学校

子ども達に本物の音楽を身近にお届けする「おんがくのたね♪」
今回は、和光市立本町小学校と広沢小学校での様子をお伝えします!

今回お迎えしたメンバーは、
小川栞奈さん(ソプラノ)・大平倍大さん(テノール)・矢野元子さん(ピアノ)。

まず、ピアニストが音楽室に登場。
椿姫より『乾杯の歌』の演奏を始めます。
子どもたちが「あれ?他の出演者は??」と思っているところに、
男声歌手が素晴らしい声で歌いながら入場。
とたんに歌声に惹きつけられる子どもたち。
そこにまた、女声歌手が可憐に登場して、子どもたちを沸かせます。
響き合う二声とその声量に驚きながらも、聴き入る様子が見られました。

ソプラノとテノール、それぞれに代表されるオペラの曲や、
カンツォーネと呼ばれるイタリア民謡などを披露。
子どもたちと歌による共演も行いました。

本町小の質問コーナーでは、各クラス代表者が奏者に質問。
「いつから歌手になろうと思いましたか?」に始まり、
「上手に高い声を出すコツを教えてください」等々。
一つ一つの質問に丁寧に答えていただきました。

広沢小学校では、奏者が実際に出演するオペラについても触れ、
様々な声によって、役柄が決まっていること、
ソプラノでは『鳥の役』もあることなどを分かりやすく解説してくれました。


今年度の小学校へのアウトリーチはまだまだ続きます。
次回は、木管(フルート)と金管(トロンボーン)とピアノのトリオ。
和光市出身アーティストである、長谷見誠さん(フルート)が出演予定です!

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.