2017年09月01日(金)

石田通氏の作品をサンアゼリアに展示

和光市在住50年となるプロダクトデザイナー&イラストレーター 石田通氏の作品2点を、
和光市民文化センターサンアゼリア大ホールのホワイエに展示しています。

同氏は、和光市文化団体連合会が2015年に発行した絵本「あの日の空色(こころいろ)」で挿絵を担当。
この絵本では、第二次大戦中の和光市のこと、新倉小学校の校庭に空襲で爆弾が落ちて、
先生一人が亡くなったということなど、昔からの和光市民でも中々知らなかったお話しが紹介されています。

この本がきっかけとなって、サンアゼリアでも同氏の作品2点を展示することとなりました。
催し物やコンサートなどで、サンアゼリア大ホールにお越しの際には是非ご覧になってみてください。

(画像:絵本「あの日の空色(こころいろ)」を持つ、石田通氏)

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.