2018年03月22日(木)

「サンアゼリアスイートR.N.1803 サ・ク・ラ・リ・ズ・ム」を開催しました!

3月16日(金)に、同シリーズ第6弾目となる「サンアゼリアスイート R.N.1803  サ・ク・ラ・リ・ズ・ム」を開催しました!
那須亜紀子さんによるヴァイオリンと、漆間有紀さんのピアノで、桜の開花よりも一足先に春を連れてきました。

会場の外は、あいにくのお天気。
「すごい雨女なんです」という那須さんの宣言通り、開演時間が近付くにつれパラパラと雨が・・・。
しかしそんな天気をはね除けるような、華やかなステージとなりました。

第1部は「あるヴァイオン弾きができるまで」をテーマに、奏者の思い入れが深い、クラシカルな選曲をお届け。
これまでの活動や練習のエピソードも交えながら、美しい調べで観客を魅了しました。
トーク中には、那須さんが3歳のころに使っていた、子供サイズのヴァイオリンも登場!
小さなヴァイオリンに苦戦しながらも、軽やかな演奏を披露しました。

第2部では、会場の様子が一変!客席は満開の桜が咲いたような雰囲気に。
ステージはお花見のようなライティングで、いっそう華やかになりました。
1部とはガラリと変わり、「春」をテーマとした明るい選曲。
ポップスの名曲からタンゴまで、幅広い曲で暖かな空気に包まれました。

サンアゼリアスイートの最大の魅力は、なんといっても出演者との距離が近いこと!
物理的な距離だけでなく、トークからは人柄が溢れ、親近感が湧いてきます。
終演後のロビーにはドレス姿の那須さんと漆間さんが登場し、多くのお客様に囲まれていました。

カフェタイム休憩には、和光市内にお店を構える人気カフェ「クローバー」さんがロビーに出店!
こちらも出演者のお二人にも負けない人気ぶり。
おいしいドリンクとお菓子で、お花見のお供をしていただきました。

次回のサンアゼリアスイートもお楽しみに!
詳細やチケット発売日が決定しましたら、サンアゼリアウェブサイトでお知らせ致します。

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.