2018年03月29日(木)

サンアゼリア寄席 春の仁 を開催しました!

春爛漫とした陽気に包まれた3月27日(火)、和光市民文化センターサンアゼリアの小ホールで
「サンアゼリア寄席 春の仁」を開催しました!



今回高座に登場したのは、和光市民文化センターサンアゼリア初登場の五街道雲助師匠。
初登場ということで、まくらでは雲助師匠から自己紹介とこの日高座に登場した2人について紹介も。
この日の共演は2017年12月の落語ワークショップの講師として出演の二ツ目の金原亭馬久さんと
こちらも初登場、前座の桃月庵ひしもちさん。
亭号は違いますが、同じ金原亭一門の噺家さんです。



まず、桃月庵ひしもちさんによる「転失気」
お客様も最初から大笑い。



次に和光市のおとなり練馬区出身の金原亭馬久さんの登場です。
演目「真田小僧」では、親子の面白いやり取りとオチに終始笑いが耐えない時間となりました。



そして、真打ち登場!誰もが認める本格派の雲助師匠による古典落語を楽しんでいただきました。
和光市民文化センターサンアゼリアのまわりの桜も満開となったこの日にピッタリの
「花見の仇討」と「幾代餅」の2席を仲入り挟んでたっぷりお楽しみいただきました。

また、今回の口演では2017年8月に新たに和光ブランドに認定された
「新倉まんじゅう」の販売(数量限定)も行い落語と一緒におまんじゅうもお楽しみいただきました。



次回のサンアゼリア寄席は、8月30日(木)に春風亭一之輔師匠!
こちらも和光市民文化センターサンアゼリア初登場!
チケット発売は5月上旬を予定しております。皆様のご来場お待ちしております。

和光市民文化センターサンアゼリアでは皆様の噺家さんのリクエストを含め
これからも落語を気軽にそしていろいろな楽しみ方が出来る「サンアゼリア寄席」として
定期的に開催していきたいと思います!どうぞ、お楽しみに!

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.