2018年06月26日(火)

第69回陸上自衛隊東部方面音楽隊定期演奏会が開催されました

6月16日(土)に陸上自衛隊東部方面音楽隊第69回定期演奏会が開催されました。
前日に降っていた雨は上がり、多くのお客様に来場いただきました。

第一部は、「スラヴァ」「エボニー・コンチェルト」「五つの沖縄民謡組曲」など、
吹奏楽の名曲の数々を素晴らしい演奏で披露。

第二部では、ステージの様子がガラリと変わり、ミュージカルや映画の音楽を演奏しました。
映画「魔女の宅急便」の曲では可愛い魔女のキキに扮した女性隊員が登場して会場を沸かせました。
また、東部方面音楽隊を代表する男声歌手による、ミュージカル「ラ・マンチャの男」セレクション、
「誰も寝てはならぬ」(オペラトゥーランドットより)では、大きな拍手が巻き起こりました。

公演にて指揮をつとめた加藤良幸隊長は、まもなく退官を控えており、
和光市民文化センターサンアゼリアでの指揮はこれが最後となります。

東部方面音楽隊への赴任以来、ホールにおける公演以外にも和光市内の福祉施設や病院、
子育て支援センター等への派遣演奏、子どもたちや市民への演奏指導や
協働事業のニューイヤーコンサートin和光など、様々な事業に心を砕いてくださいました。

その多大なるご尽力に感謝の気持ちを込めまして、
和光市民文化センター館長よりお花を贈らせていただきました。
加藤隊長本当にありがとうございました!

[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.