2018年10月25日(木)

アウトリーチ事業「おんがくのたね♪」in和光市立第三小学校

10月18日(木)、和光市立第三小学校において、
元永 拓さん(尺八)、簑田 弘大さん(三味線)、久保田 晶子さん(琵琶)の和楽器の構成で
「おんがくのたね♪」を開催しました!

まずは、尺八・三味線・琵琶によるアップテンポな現代曲で児童の興味をしっかりキャッチ!



続いて、それぞれの楽器の仕組みを説明しながら演奏します。
尺八では、動物をイメージする演奏を。
そして、三味線と琵琶では、日本の名場面を語りも加えた演奏に児童も真剣に聴き入っていました。

日本の伝統的な芸能を支える弦楽器の「三味線」と「琵琶」を一度に鑑賞できる機会。
楽器の仕組みや音色など、異なっている点や共通点の意見を児童たちと一緒に考え、2つの楽器を特にじっくり知る時間となりました。
その後の質問コーナーでは「琵琶」と「琵琶湖」違いや、「三線」と「三味線」の違いなど児童たちの興味が深まって行くのを感じられました。

最後は、特別に和光市立第三小学校の校歌を和楽器で演奏♪
児童はびっくりしながらも、元永さんからの「一緒歌おう!!」の言葉に、笑顔と元気な歌声で共演しました。