2018年10月30日(火)

十文字学園女子大学で出張講義を行いました!

10月22日(月)に、相互協力協定を締結している十文字学園女子大学で、
「サンアゼリアとホールのお仕事」をテーマに出張講義を行いました。

和光市文化振興公社と十文字学園女子大学は、相互協力協定を締結しています。

お互いの地域貢献や文化の発信の共通する目的のために、それぞれが有している資源を有効活用する事業を展開することにより、
広義の地域づくりや人材育成を行っていこうとしています。


今回の講義はその相互協力の一環として行われました。

内容は、サンアゼリアの特徴や概要、出張演奏やコンサートなどの事業について、写真と映像を交えながらご紹介しました。

イベントを行うためにどんな人々が携わっているか、企画の立案から予算、PR方法についてなど、少々つっこんだお話まで。
特に実際の演奏の様子には学生のみなさんも熱心に耳を傾けてくれていました。

講義には体験コーナーも導入。
普段、小学校でのアウトリーチ事業で作成している「クラリネット」の「リードのしくみ作り」を体験してもらいました。
ストローを切って作る「リード」からは本格的な音が鳴り、大変盛り上がりました。

最後にはホールのお仕事について、「大変なことは?」、「やりがいを感じる時は?」などの質問にもお答えしました。
学生のみなさんが将来を考える一助になれば幸いです!

また、今回の講義を受けた方の中から、今後、ボランティアとしてサンアゼリアの事業に参加予定の方もいらっしゃるとのこと。
サンアゼリアでお会いできるのを楽しみにしています!


[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.