2019年01月30日(水)

東邦音楽大学との相互協力協定を締結しました

2019年1月26日(土)、和光市民文化センターサンアゼリア大ホールを会場として、
和光市・公益財団法人和光市文化振興公社・東邦音楽大学の三者による相互協力協定調印式が執り行われました。

この調印式の模様は一般にも公開され、市民を中心に約400名の方々がご来場くださいました。
また、調印式後の記念演奏会では、東邦音楽大学大学院教授 天満敦子氏(ヴァイオリン)らの
世界的な奏者によって編成された弦楽アンサンブルによる演奏会が式典に花を添えました。


公社では、和光市民文化センターサンアゼリアの指定管理者として、
和光市文化振興基本方針に則り、市と市民、地域の文化団体等をつなぐ役割を果たすため、
文化振興事業(ホールを活用、学校や施設へのアウトリーチなど)を積極的に進めています。

今回の協定により、三者が相互が有する資源や人材を活用し包括的に事業を展開していくことで、
今後の更なる文化振興を目指すことを確認しました。
当公社では、特に地域音楽活動等の分野で相互の発展に資するため、連携・協力をしてまいります。


[CLOSE]
Copyright (C) サンアゼリア. All Rights Reserved.